晩年のAndrewHill

2017/11/12

D

枯れてます。こんなになるまでほっといたJAZZジャーナリズムはどうかしてるとしか。

Hillの奏法上の特徴はとにかく「フレーズを弾かない」この映像でも顕著ですが、自分のパートで彼がやっていることはリズムセクションが作る音形に対して「和声を置いていく」ということ。しかも機能和声ではなく印象和声。したがってその意図もわからず「伴奏」をしようとするリズムセクションとHillの相性は最悪で、末期のBN作品が全滅なのはそのせいではないかと。この映像ではHillの置いていく和声からリズムセクションが音を発展させていくことで演奏が成立している過程がよく分かりますが、そういうことがわからないとHillの演奏は「つまらない」で終わってしまうのかなぁ。。。と、思います。Hill、全てのJAZZ屋の中で一番好きなんですけどね<自分